腰痛症状!腰痛の症状やその原因・解消法などをまとめています。

腰痛症状!腰痛の症状その原因や解消法などをまとめています。

腰痛症状!
スポンサードリンク

腰痛症状
腰痛の症状やその原因と解消法
腰痛・腰痛症状に関することを
まとめています。

 

腰痛症状

 

腰痛・腰痛症状を改善するポイントは
いくつかありますが、自分で対処できる
有効的な改善策のひとつとして
筋肉の「動かし方」というポイントがあります。

 

 

今、
腰痛の症状が慢性的になっていませんか?
もし慢性的になっているときは再確認してみましょう。

長引く腰痛症状が改善されるポイント

動ける範囲の腰痛症状の時は動いて治す

筋肉に柔軟性をもどしてあげると早く治る

日頃の姿勢や動作で筋肉への負担を軽減する

筋肉の柔軟性回復と負担の軽減がポイント

 

 

腰痛の主な原因として考えられるものには

 

・事故やスポーツなど怪我や外傷によるもの
・内臓の疾患によるもの
・腰椎の病気によるもの
・肥満によるもの
・同じ姿勢の作業や仕事によるもの
・ストレスの多い作業や仕事によるもの
・運動不足によるもの

 

などいずれかに起因して腰痛症状が発症する
と考えられます。

 

 

腰痛と言えば、なにしろ私も腰痛の症状が
とてもきつい時期があり毎日毎日その痛みと
ストレスと不安で大変な経験をしてまいりました。

 

私の場合は、上記の原因のなかから
・同じ姿勢の作業や仕事
・ストレスの多い作業や仕事
・運動不足による筋力低下
が重なったものと自己分析して対処しています。

 

 

このブログにお立ちより下さったあなた様も
腰痛の症状で苦労され、本当によくなるのか?

 

不安な気持ちでいろいろ調べていらっしゃる
ところではないでしょうか。

 

 

私もいろいろな改善法を調べたり病院と接骨院
そして鍼灸治療院で教えていただいたことを
試したりを繰り返しながら今は、ようやく自分で
腰痛をある程度まで予防したり改善したり
自分なりに対処できるようになりました。

 

 

このブログでは骨格・骨の異常や内臓疾患でななく
慢性的に腰痛の症状に困ってしまった場合を中心に
自身の体験を含め、調べたり各院長の皆様に
教えていただいたことや治療の内容など腰痛の症状
を改善するのに効果があった内容などをまとめて
みています。

 

なにかひとつでもお役に立つ情報が
あると幸いです。

 

 

さて、腰痛や腰痛の症状を改善するためには
負担の軽減も大切ですが、カラダ全体をゆっくり
無理せず動かしてあげることが改善のきっかけ
になります。

 

 

私は、はじめこの「動かし方」がわかりませんでした。

 

 

腰痛ストレッチ

 

上の道具類は、
私が腰痛症状の改善用に使っているものです。
「腰痛症状対策」の7つ道具です。

 

ご覧頂いたようにストレッチマットにストレッチボード
ストレッチ書籍にストレッチDVD・・・
といった具合にカラダや筋肉を動かすもの中心です。
私の場合は頸椎ヘルニア併発も
要因のひとつになっていた

ためにカラダや筋肉の動かし方が重要なポイントと
なりました。

 

 

カラダや筋肉を動かして柔らかさを取り戻して
それを維持してあげないと痛みがまた顔をだします。

 

 

腰痛をやわらげる方法はいくつかありますが
現実的で自分で気持ちいいところを調整できる
ストレッチ方法を覚えることがもっとも効果的
だったため、今もいろいろ変化をつけて試して
みています。

 

 

筋肉の硬直や緊張をやわらげる動きが
わかるまで、私も、整形外科に接骨院・整体院から
鍼灸治療院に通院を続け、様々治療やリハビリも
随分と長きにわたりうけました。

 

 

今になって考えれば、マッサージや低周波治療器
鍼灸など、その時に楽になる治療がありますが
長い目で見ると結果的には
自分のカラダの痛みなので自分のカラダを動かし
対処するのが1番で、「ストレッチ体操」のコツ
わかると腰痛を改善できるんだな!

 

 

・・・と実践してみてその効果的なことがあらためて
よくわかった気がします。

 

腰痛症状

 

あらためて再確認できてからは「ストレッチ体操」は
基本として継続しています。
また、最近は乗って足裏の疲れによく、腰も伸びて
気持のよいボード系も気に入って使っています。

 

 

確かに腰痛の辛い時期には、なんとかしてほしくて
整形外科と鍼灸治療院や接骨院を日替わりで
通院も継続していました。

 

一時的にとても楽になりますからね。
でも、通院時も最後にはストレッチは
必要だからと言われてしっかりしてもらっていました。

 

 

何年も通ううちストレッチで自分でここ効くなー
・・・と思う流れをカラダが覚え、質問したり
お話しているうちに勉強にもなってだんだん応用も
できるようになりました。

 

 

自分で継続して取り組むようになると大きく状況が
変り「肩こり・腰痛が改善」できたため、今でも
コツコツ継続しているというわけです。

 

 

腰痛・腰痛の症状が軽減するきっかけは
初めのうちは少し動かすのが怖いのですが
痛みが治まりだしたら「適切に動かす!」
ということが早く改善するポイントです。

 

 

動かさないと、いつまでも硬直した筋肉が
緊張したそのままになってしまうからです。

 

一旦和らげてから負担を軽減する・・・
これが有効です。

 

 

特に、原因がはっきりしない腰痛の症状は
筋肉に対する負担の軽減と適切な動かし方を
続けて柔軟性を回復させることで
腰痛症状の多くは改善する可能性がとても
高まります。

 

 

どうして改善の可能性が高まるのか?
腰痛の事、腰痛の症状のことを調べていると
必ず筋肉のことにたどりつくと思いませんか?

 

調べれば調べるほど「筋肉の硬直と緊張を和らげる」
ことの必要性を再認識しました。

 

単純なことに見えますが改善のために必要な
大切なポイントだと思います。

 

 

どうして、筋肉を柔らかくほぐし元気にしてあげると
腰痛症状が解消していくのか・・・

 

普段の元気で柔軟な筋肉なら、ゆがんできた
骨格の部分を吸収して緩和できるはずなのに、
疲れたり硬直してしまったりすると圧迫して神経に
触ってしまう。

 

 

そこで、普段の元気に伸び縮みできるしなやかな筋肉
にもどしてあげることが腰痛症状解消の基本です。

 

 

どの先生方もストレッチ体操は良いことを話して
おられましたが、自分がやりやすくて気持よいと感じる
ストレッチ体操を継続すると高い確率で腰痛の症状が
緩和されます。

 

 

私と同じように、総合病院・整形外科の医療機関や
接骨院・整骨院・鍼灸治療院など、診察を受けても、
なかんか原因がはっきり特定できずに通院が長引い
ている方も多いのではないでしょうか?

 

 

また、診察を受け検査なども済ませると
診断結果を説明していただくことになりますよね。

 

その時、今後の注意点などについて指導がある
と思うのですが共通していると点があります。
腰痛ストレッチ
「しばらく安静にしてから、運動・ストレッチ・水泳・・・」
などをするようにと言われている方が
多いのではないでしょうか?

 

 

腰痛で通院している時に待合室などで顔見知りに
なる方も多く、ちょっとした雑談会話になることが
ありますが、やはり皆さんも「ストレッチ」「運動」など
でカラダを動かすように言われているようで
ストレッチや水泳やバランスボールの話題になります。

 

 

腰痛ストレッチ
医療の世界でも慢性的な腰痛を改善するためには
筋肉の硬直をやわらげ柔軟性をとりもどすことが
腰痛を治すために必要な事は明確なのだと思います。

 

その手段がストレッチだったり水泳や運動・体操
だったり選択肢があるわけです。

 

腰痛症状

 

 

骨格や内臓疾患などによる原因ではなく
なんとなく原因が特定できずに腰痛症と言われて
しまったりしている方は諦めずに、「ストレッチや体操」
で筋肉の硬直や緊張の緩和と姿勢の矯正など
ひとつひとつ試してみるときっと回復の兆しの
でる対処法に必ず出会えると思います。

 

 

繰り返しますが、ポイントは「適切に動かす!」
ことがポイントでした。

 

そのための効果的な手段のひとつは
「ストレッチ体操」と言えます。

 

ストレッチ体操の良さは、カラダ全身を無理なく
ゆっくり伸縮させてあげることができるため
筋肉の硬直や緊張をやわらげる効果があることです。

 

大切なポイントとなる「適切に動かす!」ための
基本となります。

 

 

特に腰痛のなり始めも痛みと不安と緊張で
大変ですが落ち着いて対処していけば
自分なりの気持よさがわかってきて痛みも
改善されていくことを実感できます。

 

そして、
あまり構えすぎずに簡単に取り組めるストレッチ体操
から始めるのが継続のコツです。

 

ちょっとした休憩時間などに簡単にストレッチする
だけで負担の軽減になります。
さらに休憩時間などにちょっと押すと気持のよい
ツボもありこの組み合わせはオススメです。

 

 

すでに腰痛ストレッチ体操をしているけど
なかなか症状が改善しないという場合もあると
思いますが動かすポイントや抑えておきたいツボなど
再確認してみると急速に改善することもあります。

 

どんなことにも見直しや再確認ときっかけが
ありますので確認してみてはいかがですか。

 

腰痛の症状を治すにはのページに進む

 

どこでも簡単 福辻院長の腰痛ストレッチとツボ

 

腰痛症状最初に戻る

 

スポンサードリンク