腰痛症状 整形外科の治療ってどんな内容?

腰痛症状の整形外科治療はどんな内容?

腰痛症状と整形外科

 

 

腰痛症状で医療機関の「整形外科」に
いくと、腰痛症状が治るのかな?
と素朴な疑問がありました。

 

 

実際に通院して思ったことは、腰痛症状の原因を
調べてもらうには必要だけど、治すところではないな・・・
という感想でした。

 

 

「整形外科」で腰痛症状は治る?

腰痛症状の原因を見つけるところ(知ることは大切です)
薬物療法でお薬を処方されると一時的には和らぎます
理学療法を受けると一時的に和らぎます

 

 

整形外科を受信すると問診と直診を受けます。
この時、具体的に説明できることがポイントです。

 

 

何をしているときに
どのような状態で痛みがでたか
今、どこが一番痛いか・・・

 

 

などをメモしておくと説明のの時に助かりますよ。

 

 

整形外科での腰痛症状の理学療法治療メニュー

整形外科の理学療法メニュー

●遠赤のあたため  ●低周波治療器
●”けん引”(症状や状況により有無))
●ウオーターマッサージ・・・で50分位

 

というシンプルなメニューの流れです。
私の通院するところは、時間にしてだいたい全部で
50分くらいでしょうか。
ただ、待ち時間が長いので困ります。

 

 

■診察・治療料金など

初診料 初めは初診料が必要 一律2.700円 保険適用は 810円負担
治療費など レントゲンなど検査項目により 個人差あります。 初回合計 5.000円くらいでした。
薬処方・2回目以降 お薬の処方が出ると 処方代とお薬代が別途必要です。 

   理学療法メニューのみで2回目以降は 1.000円以内位です。

 

 

いくつか整形外科も通ったのですが
同じような流れです。

 

 

理学療法メニューの中にけん引を言われると
けん引自体が精神的にとても怖かったですね。
痛いのに引っ張られたら・・・
と思って構えてしまいます。

 

 

また、病院によって 仰向けに寝るベット型と
始めいすに座り角度がかわりながらけん引ができる
最新型とがあり、ベット型は仰向けに寝るのが痛い
ので痛みのひどい時は受けない方が良いです。。

 

 

残念ながら、病院で「腰痛症状が治る」わけでは
なく治し方の説明をうけ、時間と自らの回復
努力で回復していきます。

 

 

もちろん、骨や内臓疾患等の場合は違います。

 

 

あくまでも、骨や内臓疾患などは見受けられず
腰痛症状がある場合には、診察してもらい
原因とおもわれる診断をうけてあとは自己努力と
時間の経過と思っていればよい気がします。

 

 

一時的に痛みを抑える鎮痛剤は処方してもらえるので
これは痛みを一時的に抑える意味ではとても効きます。

 

 

整形外科の治療メニューでこりをほぐすつもりで
あとは、自分のカラダの筋肉をいかにうまく動かし
サポートして疲労回復で元気にしてあげるか
ということがポイントです。

 

 

腰痛症状 接骨院の治療内容ってどんな内容?のページに進む

 

腰痛症状TOPページに戻る

 

スポンサードリンク