腰痛症状 ぎっくり腰になってしまったら!

腰痛症状のぎっくり腰

腰痛症状のぎっくり腰

 

 

様々な症状がある「腰痛症状」
なかでも、急に激痛がおこり動けないほどの痛みに
襲われることがあります。
腰痛症状の「ぎっくり腰」と診断される症状です

 

 

呼び名もまた、医学的には急性腰痛症や
突発性腰痛症といわれていて
西洋では「魔女の一撃」
日本では「ぎっくり腰」と呼ばれたりしています。

 

 

腰痛症状のぎっくり腰は、いつどこでも誰にでも
起こってしまう可能性がある身近な症状です。

 

 

腰痛症状のぎっくり腰は

ぎっくり腰の原因は・・・

筋肉の疲労が重なることから発症する

骨格の歪みから負荷がかかり発症する

急なスポーツや重いもの持ちいきなり負荷がかかり発症する

ぎっくり腰になるきっかけは身近にある

 

 

いずれの場合も、
筋肉の疲労で上半身を支えられなくなる
大きな負担で骨格が歪んで筋肉が神経に触れてしまう

場合などに激しい痛みを伴います。

 

 

他にも、体重の変化や長時間同じ姿勢の後、または
くしゃみをした後、掃除の途中・・・
など日常の動作の中にきっかけはたくさんあります。

 

 

でも、いずれも筋肉の疲労で支えられなくなることが
原因の大半ですので、いかに日常的に腰の筋肉の
疲労回復が大切なのかを痛感する腰痛症状
のひとつです。

 

 

ぎっくり腰について、中川式ストレッチで著名な
鞍ケ池ヘルスケア院 中川院長は

 

1、背骨に走っている靭帯が切れるか切れかかっている

 

2、背骨の後ろにある小さな関節突起間関節という
  関節が飛び出してはずれかけたり
  関節の間にある滑膜が挟まれたた時に起こる

 

3、椎間板がつぶれたり、椎間板ヘルニアになったとき

 

4、筋肉や筋膜が肉離れの状態を起こした時

 

 

と解説しています。
ぎっくり腰の対処法としては

 

 

ぎっこり腰かなと思ったら!

@ゆっくり前屈をして膝を曲げて起き、また前屈できるか確認する
Aこの動作ができるようなら爪先をかかとより高くして
B前屈して、腰と背中を伸ばしていく

 

 

痛みがひどい時のぎっくり腰の対処は

急にぎっくり腰になったら

@あわてずに横になれる場所を確保する。
A痛みが和らぐ向きで横になる。
B一旦冷やして治まるまで安静を続ける。

 

息が止まるほどの痛みを伴うことが多い症状ですので
廻りに人がいるときは、助けをかりて、横になれる場所
を確保してもらい、自分がもっとも楽な姿勢の向きで
横になり「安静」にすることがはじめの対処法です。

 

すぐに回復傾向になるケースと動けない症状に
なるケースと様々ですので慌てず確認していきましょう。

 

 

腰痛症状の治療に悩んだら?のページに進む

 

アスカ鍼灸治療院 院長 福辻院長の腰痛DVD

 

腰痛症状TOPページに戻る

 

スポンサードリンク