腰痛と肩こりと背中痛

腰痛と肩こりと背中痛

腰痛症状と肩こり

 

 

「腰痛症状」に「肩こり」というこの組合せには
苦労させられてきました。

 

 

頸椎ヘルニア(首の部分)からも腰痛症状は起こります。
肩・背中・腰と痛みが伴うため回復には時間がかかり
苦労します。

 

腰痛+肩こりからの回復法

@まずは、姿勢が歪んでいることが多いので再確認しています。
A肩甲骨から背中周りを繰り返し動かします。
B負担を軽減するようサポーター等活用します。

 

 

辛い時に接骨院に行くと、まずは歪みを確認してくれて
いつも足の長さが左右違っています。
骨盤が歪んでいるからです。
私はひどい時は、2cm〜3cm位ずれていました。

 

 

やはり、痛い方をかばって歩いたり座ったりをいつのまにか
しているようですね。

 

プチ情報ですが、椅子に座ると必ず足を組む時は
骨盤がずれています。
ずれて不自然な状態から通常の状態に戻ろうと
するカラダの反応です。

 

 

肩こりを伴う時は、直接に首や腰も効きますが、
肩甲骨周りと背中を伸ばしてマッサージして動かして
もらうととても楽になります。

 

一見、「腰痛症状」と「肩こり」は別々の症状のように
思えますが、
人のカラダは、「頸椎」・「胸椎」・「腰椎」大切な柱が
繋がっていますから、頭を支えている頸椎にダメージが
でると、他がそのダメージをかばいながら生活しています
ので無理が生じています。

 

 

大きなストレスを感じているわけです!

 

 

毎日、頭が痛かったり気持が悪かったりの繰り返し
で、痛くて肩が上がらなくなってきたり握力が
低下しているように感じ始めたら、私のケースと
同じように一度「頸椎」に異常がないか調べておくと
良いです。

 

 

何でもない時は、この無理をしていることにすら
気がつくことはないんですよね。

 

 

そして、私のようにある日限界を迎えて激痛で
動けなくなり慌ててしまうと回復に時間がかかります。

 

 

初めのうちは、なんとか日常を過ごせるようになるまで
3カ月という時間を費やしました。

 

 

結局、変形してしまった骨格はもとに戻ることはなく
痛みの出ないつきあい方をするしかないことに
何年もかかりたどりついた感じです。

 

 

私と同じように、肩・背中・腰の痛みが連鎖する
腰痛症状の対応には、「姿勢」の確認と整え
そして「筋肉の活動」がとても効果的に効き目が
あります。

 

 

私が、紹介されて実践しているのは
徳永接骨院の徳永院長がまとめた改善法で
上部胸椎を動かすことが秘訣のストレッチ体操
です。

 

 

「頸椎ヘルニア」をなんとかしなければと取り組んで
いましたが、上半身のバランス崩れからの負担が少し
軽減され、ひどり肩コリと首の痛みや背中の痛みが
和らぐとストレスも軽減するのでしょうか、ストレッチ体操
は腰痛症状の解消に繋がっています。

 

 

歪んでいることを自分で自分の姿をみて自覚して
カラダのバランスを整えることを意識してストレッチと
エクササイズを行うと腰痛症状にも効果が表れる

という動かすことが改善になる私の体験例です。

 

 

腰痛 肩こり 痛みの連鎖のページへ進む

 

腰痛症状TOPページに戻る

 

スポンサードリンク