腰痛症状緩和とコルセット

腰痛症状とコルセットの役割

腰痛症状とコルセット

 

 

腰痛コルセットは特に骨格に異常がなく、内臓疾患
でもない場合に腰のまわりの筋肉を補助するために
使われる補助具です。
医療機関でも装具療法といわれる治療法の
ひとつです。

 

 

筋肉が疲れて弱ったり硬くなったりしているどうしても
上半身を支え切れなくなり腰痛症状へとリスクが
高まります。
そこで、支えの補助が必要となります。

 

 

 

腰痛の予防解消 突然のぎっくり腰に「お医者さんのコルセット」

 

 

上半身の負担を支え切れなくなってしまい
ひどい痛みが出ている場合は、回復するまで
一時的に土台補強のサポートが必要になります。

 

それが、コルセットです。

 

 

お相撲さんのまわし

 

 

お相撲さんのまわしをよく見てみるとわかるのですが、
まわしをつける角度が力士によって違っています。

 

 

実は、調子のいい力士はまわしを水平に巻いていますが、
腰痛だったり、背中に張りを感じている力士は、
お腹から背中にかけて下から突き上げるように斜めの
角度でまわしを巻いています。

 

 

この斜めの角度は、腰痛に一番いい締め方なんです。

 

 

 

普段の元気で柔軟な筋肉なら、
歪んできた骨格の部分を吸収して緩和できるはずなのに
疲れたり硬直してしまったりすると圧迫して神経に
触ってしまう。

 

 

それが、腰痛症状を引き起こしていることは
先にご紹介のとおりです。

 

 

でも腰痛症状になっても環境によってはどうしても、

 

 

休めない!
動かないといけない!
運転しないといけない・・・
などの状況って日常茶飯事です。
私も、痛みがひどい日の資料作成のパソコン作業に
出張や営業車の運転がきついです。

 

 

そんな時は、
上半身を支える土台のサポート役として
負担を軽減してあげる為のサポーターやコルセットなど
が必要になります。

 

 

コルセットを使うことで上半身の支えを補助しながら
姿勢の歪みをサポートしてあげることで痛みを緩和
していきます。

 

 

腰痛コルセットも今はいろいろありますが
疲れたり弱ったりしている土台の筋肉をサポート
してあげるには、お医者さんのコルセットがオススメ!

 

腰痛の予防解消 突然のぎっくり腰に「お医者さんのコルセット」

 

 

人のカラダの一般的な腰痛症状の痛みは「筋肉」
からの影響が大きい。
という説明を受け今は腰痛症状解消の対策に
「筋肉」と「姿勢」に気をつけています。

 

腰痛コルセットはその2点のサポート役というわけです。

 

 

そのほかにも腰痛予防や姿勢矯正のコルセットなどを見る

 

腰痛時の仕事のページへ進む

 

腰痛症状TOPページに戻る

 

スポンサードリンク