腰痛症状と筋肉の運動 腰痛予防にストレッチや歩くなど筋肉を運動させてあがることが大切です!

腰痛症状と筋肉の運動

腰痛症状と筋肉の運動

 

 

私たちの下半身にある筋肉の重要性について
確認しておきましょう。

 

 

 

私たちのカラダを動かしている重要な筋肉の7割近くが
下半身に集中しているといわれています。

 

 

このカラダを動かす重要な筋肉は使わなければどんどん
衰退していきます。

 

 

また同じ姿勢や態勢を継続してしまうと筋肉も動きにくく
なるものです。

 

下半身の筋肉の衰え

@筋肉が衰えるのは早く何もないところでも「つまずきやすくなる」
A内転筋が衰え膝がつかなくなりO脚になってくる
B腰が曲がり姿勢が悪くなり腰痛のリスクが高まる

 

 

下半身の筋肉が衰えると、どんどん衰えが進みます。
下半身の動きが緩慢になり
「つまずいてみたり」「転倒の危険」更には「骨折」などの
リスクも高まります。

 

また、筋活動が弱まると基礎代謝が低下し太りだします。
お尻がたれる、ふとももや、ふくらはぎのたるみ!
気になりだしていませんか?

 

 

腰痛症状はこんな要因からも始まっています。

 

それを避けるためには、普段から下半身の筋肉に
適度の運動をさせてあげることが不可欠です。

 

 

若々しく楽しくあるためにも、お尻やふともも、ふくらはぎの
引き締めなど下半身の筋力強化は必要なことですね。

 

 

下半身の筋肉が活発に運動していると
腰のまわりの筋肉群も連動して活動し硬直して
腰痛症状を引き起こすリスクも軽減します。

 

 

単純な事なのですが、特に効果的な動きは、
「階段の上り下りの動作」「坂道を歩く動作」
足を上げ下げして歩く、また坂道を歩く動作などは
非常に有効ですから、日常生活ではなるべく
歩く時間をとり階段を使うようにするとよいです。

 

 

ストレッチはその動作の時に使う筋肉をバランスよく
活動させてあげる働きがあるので効果的なわけです。

 

 

腰痛の諸症状と運動に効果的なストレッチは
腰痛 中川式ストレッチ公式ホームページ

 

腰痛ストレッチの比較のページへ戻る

 

腰痛症状TOPページに戻る

 

スポンサードリンク