腰痛の症状のなかに腰椎分離・すべり症があります。腰椎分離・すべり症についてまとめています。

腰椎分離・すべり症

腰椎分離・すべり症

 

腰痛の症状のひとつに
腰椎分離・すべり症があります。

 

腰椎分離・すべり症は

腰痛分離・すべり症

@腰に負担のかかるスポーツなどで起こりうる症状
A一部の骨が断裂してしまうのが腰椎分離症
B分離した腰椎が前方にずれてしまうのが腰椎すべり症

 

腰に負担のかかるスポーツなどでも起こりうります。

 

症状の特徴としては

 

鈍く重い痛みが現れます。
カラダを後ろに反らすと痛みが強くなる
という特徴があります。

 

 

腰のベルトが当たる部分やお尻・太ももに
痛みやしびれがあり、カラダを後ろにそらすと
痛みが強くなる時は、可能性がありますので
診察をうけることをお勧めします。

 

 

特に、学生時代にスポーツをしていて
最近、腰痛の症状がきつい場合は要注意です。

 

分離症は、10歳代で起こり加齢や負担の
継続ですべり症へと進行していきます。

 

 

腰椎分離症・すべり症の腰痛症状の
対応は、やはり神経の圧迫を軽減することで
和らげていく方法が効果的です。

 

 

神経を圧迫してしまう状態を和らげ
痛みが治まる状態を保持する状態を
キープするためには腹筋や背筋を中心に
周辺筋肉の強化と柔軟性向上が鍵です。

 

 

腰痛ストレッチの効果のページへ進む

 

アスカ鍼灸治療院 院長 福辻院長の腰痛DVD

 

腰痛症状TOPページに戻る