座る腰痛予防!長時間座ることの多い人へ腰痛の改善予防のため正しい座り方などまとめています。

座る腰痛予防

 

 

座る時間の長い人は、座っているときの
腰痛改善予防をする方法を考えなければなりません。

 

座って腰痛改善予防

 

座る腰痛予防は、お仕事の効率・集中力だけでは
なく、お子様の学力・集中力向上にも重要な要素です。

 

 

小学生のころから振り返ってみても、
小・中・高校と1日何時間椅子に座っていたでしょう。

 

そして、更に専門学校や大学や仕事で
ともかく座ることが多いのが日常ではないでしょうか。

 

 

そもそも、人間の骨盤は座ることを前提に
されていませんから、何も意識しないで
座わり続けると傾いていきます。

 

 

脚を組んで座ってしまうのも傾きを補整しようと
している行動です。

 

ただし、脚を組んで座るのがくせになっていると
腰に大きな負担をかけているという事実
を忘れてはいけません。

 

 

座位は、立位に比べ1.5倍腰への負担が大きくなります。

 

 

骨盤が傾いたり、回旋したりしている姿勢で長時間
座ることが続くと、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症
のリスクが高まります。

 

 

毎日の仕事場での座り方、もちろん家庭での座り方
を再確認してみる必要があります。

 

腰痛予防座り方の再確認

@体を前に傾けてお尻を奥まで差し込むように座る
A足を開いて足裏が床につくように座る
Bあごを引いて座る

 

 

日本は、もともと座敷文化で正座して座る習慣
でしたので、腰痛という症状は少なかったようです。

 

 

正座をするときにお尻の下に座布団を2つ折りにて
敷いて正座をよくしませんでしたか。
じつは、その角度や座り方が骨盤が前傾して
脊柱が体に優しいカーブになるんです。

 

 

腰痛の症状があるときや予防にとって
座るときには、
骨盤の前傾位置を維持して脊柱がカラダに
やさしいカーブを維持できるかできないかが
重要なポイントです。

 

 

このことから、座る時間の長い仕事をして
いる人やまさにお子様には、椅子の存在が
とても重要なことがわかります。

 

 

日本人のカラダの特性に合わせた椅子があり
「お尻で座る」のではなく「坐骨で座る」
というコンセプトで腰痛改善予防について
思わずじっくり読んでしまう情報がまとまっている
ホームページがありますので是非読んでみてください。

 

 

この椅子や座り方は、クリニックでの実証も重ね
首・肩こりの改善予防にも効果的なことを実証して
おり、その詳細も見れます。

 

 

腰痛の症状から腰痛予防の座り方まで
参考になりよくわかりますのでオススメの
ホームページです。

 

座る時間の長い人へ腰痛改善予防のホームページを見る

 

腰痛症状解消の秘訣のページへ進む

 

腰痛症状TOPページに戻る

 

スポンサードリンク