腰痛症状チェック!腰痛の症状やその原因・解消法などをまとめています。

腰痛症状のチェックと改善法について

腰痛症状のチェックと改善法について
スポンサードリンク

 

腰痛の症状を簡単チェック
腰痛症状は大きく3つのタイプに
分かれますので、簡単チェックをして
みると良いです。

 

腰痛を改善するには」、自分で簡単に
腰痛チェエック確認をして改善法を決める
ことも大切です。
腰痛の簡単チェックとしては
まずは、どの姿勢で痛みが出るのか確認をして
みましょう。

 

 

体を前に倒す「前屈姿勢」の時に痛みがでる
体を後ろに反らす「後屈姿勢」の時に痛みがでる
これに加えて、突然急な激しい痛みがでる

 

次の3つのパターンです。

 

1つ目の「前屈姿勢」
体を前に倒すと、腰周辺が痛む場合
「椎間板ヘルニア」の危険性が高いです。

椎間板ヘルニア

年齢の加齢とともに変形してしまう症状
スポーツなどで負荷の継続がきっかけ
椎間板の変形で神経根や脊髄を圧迫して痛みが発症

 

腰から足にかけてしびれや痛みがあり
前傾姿勢や椅子に座るのが辛く、横になると
楽になる場合に可能性があります。

 

 

2つ目の「後屈姿勢」
体を後ろに反らすと、腰周辺が痛む場合
「脊柱狭窄症」の危険性が高いです。
または、
「脊椎分離症・腰痛分離症」の危険性があります。

腰部脊柱管狭窄症

@比較的高齢者に多くみられる症状
A脊柱管内が狭くなってしまい神経を刺激します。
B腰から足に痛みとしびれがでて、長く歩くと痛みがでたりします。

 

腰痛分離・すべり症

@腰に負担のかかるスポーツなどで起こりうる症状
A一部の骨が断裂してしまうのが腰椎分離症
B分離した腰椎が前方にずれてしまうのが腰椎すべり症

 

立って腰が伸びると痛みがでてしまうケース
長く歩くと歩けなくなるほど腰から足の裏にかけて痛む
場合は可能性があります。

 

 

3つ目の場合は「ぎっくり腰」
の可能性が高いです。
中腰で物を持ちあげたり、急に立ち上がろうとした時に
激しい痛みを伴う場合がそのけーすです。
腰痛症状

 

椎間板ヘルニアも脊柱狭窄症と分離症・すべり症
いずれも、腰痛の原因となっているの何なのか?
を知ることは重要ですので、診察してもらうと良いです。

 

原因を知ることはあとの対策に大きな意味を持ちます。

 

ぎっくり腰は、その場を動けないこともありますので
その場の対処をまとめてみましょう。

 

腰痛の症状はストレッチで軽減のページへ進む

 

腰痛 中川式ストレッチ公式ホームページ

 

腰痛症状TOPページに戻る