腰痛と食事!腰痛と食事と栄養やその原因・解消法などをまとめています。

腰痛と食事

腰痛と食事 栄養

 

 

腰痛と食事
腰痛症状が長引いてしまっているときには
食事と栄養という面も見直してみましょう。

 

 

私たちが年齢を重ね、高齢者になっても丈夫な
骨を元気に維持する必要があります。

 

骨を健康に維持するには、骨量の低下を防ぐ
カルシウムが不可欠です。

 

とくに、中高年になるとカルシウムの吸収率が
低下するので、日頃からカルシウムの多い食材を
意識的に選ぶということが大切です。

 

 

腰痛と食事・栄養をまずは「骨」という面で
みてみると、なんといってもまずは、
「カルシウムの吸収率が高い食材」

 

その代表は、「牛乳」などの乳製品です。

 

牛乳、ヨーグルト、チーズ、スキムミルクなどを
毎日必ず摂るようにしましょう。

 

 

乳製品のにおいが苦手な方も多いですよね。
そんな時は、シチューやグラタンなどの料理に利用したり、
コーヒー、紅茶、抹茶を飲むときに混ぜて飲むなどの
ひと工夫をしてみるといいです。

 

 

食材から確認してみると、
小魚類、小松菜などの野菜類、干しひじき、わかめなどの
海藻類にもカルシウムが多く含まれます。

 

 

先の腰痛の種類と対策の中で紹介した
「骨粗鬆症」は、特に高齢者の女性にとても多く
大きな負担がかかると、腰痛だけではなく
圧迫骨折というリスクが高くなってしまいます。

 

日頃からの摂取がとても大切となりますので
カルシウムについては気にかけておきたいですね。

 

今は、効率よくサプリメントを活用して
必要量を摂取できますが、乳製品や小魚類と海藻類
がポイントです。

 

腰痛症状と栄養素のページへ進む

 

ひざ・関節の軟骨成分補給にサプリメント

 

腰痛症状TOPページに戻る

 

スポンサードリンク