腰痛症状と栄養素!腰痛の症状やその原因・解消法などをまとめています。

腰痛症状と栄養

腰痛症状と栄養素

 

腰痛症状を改善するためにはバランスの良い食生活
という視点も欠かせません。
腰痛と各栄養素の働きを知っておくと役に立ちますので
まとめてみましょう。

 

腰痛と栄養素で、まずは、なんといっても年齢を重ねると
欠如して必要となるカルシウムとタンパク質からですね。

 

 

【カルシウム】
骨をつくっている栄養素という性質だけではなく、
筋肉や神経の働きを正常に保つ役割も担っています。

 

○乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)
○魚介類(しらす干し、ししゃも等)
○海藻(ひじき、わかめ、こんぶ)
○豆類(豆腐、納豆)
○野菜では(小松菜、切り干し大根)

 

 

【タンパク質】
筋肉、靱帯、骨などの基とっている栄養素は
タンパク質です。
また血液やホルモンの原料としても必要な
栄養素です。
タンパク質が不足すると筋肉は衰えて
疲れやすくなったりしますので、腰痛症状には
必要な栄養素ですので良質のタンパク質を
摂取するようにしましょう。

 

○牛乳・卵・肉類・魚類・大豆製品に含まれています。
但し肉類は脂肪の少ない赤身、魚類は青魚が良いです。

 

 

次は、ビタミン群です。

 

【ビタミンC】
免疫機能を高め、鉄分の吸収を助けて毛細血管を
丈夫にするという大きな役割を担っています。
更に軟骨を形成する「コラーゲン」の生産を促す
役目もありますから欠かせません。

 

○フルーツ(イチゴ、柿、キウイ、グレープフルーツ)
○野菜(芽キャベツ・ゴーヤ・カリフラワー)

 

 

【ビタミンB1】
酵素と共に糖質を分解し、エネルギーを生産する役割です。
そのエネルギーは筋肉や神経のエネルギー源となります。
筋肉の働きに不可欠な栄養素というわけです。

 

○豚肉(ヒレ、もも)
○ウナギ
○小麦胚芽

 

 

【ビタミンD】
カルシウムが吸収されるのを助ける働きがあるので
腰痛症状の時には、組み合わせて摂取する必要が
あります。

 

○魚類(サケ、ニシン、メカジキ、カレイ、
    ウナギ、本マグロ、ニジマス、サバ)

 

 

【ビタミンE】
活性酸素の解毒作用を持っており、なおかつ血行促進を担い
筋肉の緊張を和らげる働きがあります。
腰痛予防・改善のためには欠かすことのできない栄養素です。

 

○うなぎ・卵黄・豆乳・アーモンド・落花生
 ・かぼちゃ・アボガド・小麦胚芽・ひまわり油

 

 

【クエン酸】
腰痛の原因となる乳酸の生成を抑制し、筋肉疲労の
予防・改善に有効な栄養素なんです。

 

○梅干し・酢・柑橘類(レモン、みかん)

 

 

【DHA・EPA】
DHA(ドコサヘキサエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)
は血液をサラサラにし、血行を促進する作用があります。
筋肉疲労や血行不良の予防にも必要な栄養素です。

 

○青魚(イワシ、本マグロ、サバ、マダイ、サンマ、アジ)

 

 

【マグネシウム】
筋肉の弛緩に関わる栄養素のひとつです。

 

○昆布・ひじき・バナナ・小麦胚芽
○ココア・ナッツ・アーモンド
○ごま・豆腐・緑黄色野菜

 

 

【カリウム】
筋肉の収縮を助ける栄養素です。
筋肉中のカリウム濃度が低下して電位が変化すると
筋肉の収縮が起こりにくくなります。
腰痛症状のきっかけとなります。

 

○バナナ・緑黄色野菜・柑橘類

 

腰痛症状と筋肉の運動へ進む

 

ひざ・関節の軟骨成分補給にサプリメント

 

スポンサードリンク

 

腰痛症状TOPページに戻る