腰痛と自律神経!腰痛の症状やその原因・解消法などをまとめています。

腰痛と自律神経の関係

腰痛と自律神経失調

 

腰痛症状と自律神経のバランスも
密接に関わり合っていると感じことがあります。

 

 

自律神経失調状態を経験するとわかることが
沢山あるのですが、「自律神経失調症」の症状には

 

■不眠・めまい・頭痛・ふらつき

 

■慢性的な疲労感・食欲不振

 

■不快感・イライラ・微熱

 

そして
■慢性的な肩コリと慢性的な腰痛・・・

 

などなどがあげられ、慢性的腰痛症状は
自律神経のバランスの崩れ「自律神経失調」
の症状のひとつでもあるわけです。

 

 

 

「自律神経」というものは、自分で意識して操作
しにくい神経たとえてみれば
「内臓を動かす」・「呼吸をする」・「体温調整をする」
・・・などといったことがその例です。

 

 

この「自律神経」は、繊細ですからバランスを崩しやすい。
バランスが崩れると疲労を回復できなくなり、常に緊張や
ストレス状態になってしまい、カラダが硬直して筋肉も
かたまってしまいます。

 

 

自律神経には、相対する2つの役割があり
バランスをとっています。

 

 

「交感神経」と「副交感神経」

 

 

日中に活動がたかぶる交感神経は

 

「興奮や緊張をうながす消費のときの神経」

 

 

夜に活動がたかぶる副交感神経は

 

「睡眠やリラックスを促す回復のときの神経」

 

 

この2つの役割がバランスよく噛み合っている
時は、健康で体調も良く腰痛症状も軽減して
いるはずです。

 

 

でも、そううまくはゆかず、なかなかバランスよく保つ
ことは困難で交感神経が常に優位な状態に陥り
やすいです。

 

 

そうすると、興奮や緊張の神経が敏感となり
カラダが硬直して疲労している状態が続きます。
まさに、腰痛症状のきっかけとなる要因になります。

 

そのような時には、良質の睡眠とリラックスをさせることが
重要なポイントなんです。

 

カラダをリラックスさせる1つの方法として
ストレッチ体操は非常に有効です。
呼吸を意識しながらゆっくり気持を落ち着かせる
ストレッチは腰痛症状のみならずカラダをリラックス
させるにとても効果的です。

 

腰痛ストレッチの効果のページに進む

 

腰痛症状TOPページに戻る

 

スポンサードリンク