腰痛症状と筋肉!腰痛の症状やその原因・解消法などをまとめています。

腰痛対策も筋肉の衰えを予防する

腰痛対策も筋肉の衰えを予防する

 

 

腰痛症状と筋肉!
腰痛の原因が明確にならずに
慢性的な症状になっている場合は
筋肉の衰えと硬直を疑うべきです。

 

 

「筋肉」は非常に重要な働きをしている
大切なものです。

 

筋肉の働きには、カラダを動かす
日常の動作だけではなく、内臓や血管
神経とも深いかかわりがあります。

 

 

健康で若々し元気でいる
「アンチエイジング」には筋力が必要です。

 

 

そして「ダイエット」も筋肉の活動による
代謝がポイントです。

 

 

更に、私たちが生きていくための内臓の
活動を支えているのも筋肉です。

 

 

生命を維持するための血液の循環も
筋肉の働きに支えられるひとつです。

 

老廃物を運ぶ血流のポンプ役を担っています。
静脈血を心臓まで戻すために筋肉が必要不可欠
です。

 

 

筋肉は、大きく2つに分かれると考えてみましょう!

 

「力を発揮する筋肉」と「姿勢を維持する筋肉」

 

 

身体の表面に見えて触ることのできる筋肉
アウターマッスル(表層筋)ともいいます。

 

身体の奥深い場所にあり見えずに触れない筋肉
インナーマッスル(深層筋)ともいいます。

 

腰痛症状はこのどちらも重要な要因となります。

 

アウターマッスルが衰えたり硬直してしまうと
カラダが思うように動かない。
神経を圧迫して痛みを伴うなど腰痛を引き起こす
要因となります。

 

 

また、普段見ることも触ることもできない
インナーマッスルは姿勢を維持するために
必要不可欠な筋肉です。

 

体幹トレーニングという言葉をよく見たり
聞いたりすると思います。

 

筋肉でみると首から骨盤の筋肉のところまでを
体幹部の筋肉になります。

 

大切な内臓部を守り生命維持の活動をしながら
カラダ全体の姿勢とバランスを維持している
重要な部位です。

 

 

インナーマッスルが衰弱すると
姿勢維持が乱れ出し腰にも大きな負荷が
加わり腰痛症状のリスクが高まるだけでなく
内臓疾患の危険性も高まります。

 

体幹部の筋肉は老化を予防すべく重要な
ポイントです。

 

腰痛予防と下半身の筋肉のページへ進む

 

腰痛症状TOPページに戻る

 

スポンサードリンク