腰痛症状の治し方とコツ!

腰痛症状の治し方!腰痛を治す基本は筋肉の硬直と緊張をやわらげることから。

腰痛症状の治し方!

 

腰痛を治す基本は
筋肉の硬直と緊張をやわらげることから・・・

 

急に腰痛症状になってしまったら

ぎっくり腰などはまずは楽な姿勢で安静にする!

筋肉が硬直してしまった可能性があるので落ち着かせる

落ち着き動けるようになったら少しずつ動かす

筋肉を動かし活動させてあげる

 

 

腰痛症状の治し方!
腰痛の症状は人それぞれに様々なきっかけや原因で
発症してしまう病気です。

 

いざ腰痛症状を引き起こすと激しい痛みと
辛さにパニックになりがちです。
先にもまとめましたように、腰痛症状の治し方を
再確認しておきましょう。

 

 

でも、時々不安になりませんか?
そもそも腰痛症状は治るのかどうか?

 

 

病院などの医師や接骨院院長の皆様にお聞きすると
骨・骨格が変形してしまった場合はその変形自体は
治らないと説明されます。

 

変形してしまった状態で腰痛症状を軽くしていく
ことを覚悟しておかなければなりません。

 

 

簡単に、おさらいですが
急にひどい腰痛症状が起こってしまったり
ぎっくり腰のように動けなくなったりして
しまった場合は、まずは痛みの少なくなる姿勢で
安静にして痛みを落ち着かせることが先決です。

 

 

右側か左側が痛いのかがわかれば
痛む方を下にして横になると少し落ち着きます。

 

 

急に激痛に襲われたら、無理には動けないので
熱を持っているようでしたら
まずは、「冷やして」熱や炎症を抑制する。

 

 

急な一過性の腰痛症状であれば、4〜5日安静に
していると落ちつきますのでまずは落ち着かせます。

 

 

3日目くらいまでに落ち着いたら、ゆっくりでも
動かして筋肉を活動させてあがることで回復が
早まります。

 

しかし、実際は長引いたり痛みが変動したりして
なかなか落ち着かないものです。

 

 

少し動けるようになり、2週間以上も状態が改善
しないようでしたら医療機関の「整形外科」で診察を
受けると良いです。

 

 

この診察で、骨や筋肉、頸椎や腰椎に問題が
発生していないことを医師に診察してもらうことで
気持が落ち着きます。

 

 

ただ、整形外科に行けば治るわけではありません。
あくまでも、カラダのどこかに異常がないか検査や
診察そして診断してくれるところです。

 

 

もちろん痛みを止める「鎮痛薬」「筋弛緩薬」などを処方
してくれ飲用すると一時的に痛みは和らぎます。

 

 

特別に骨や他の病気などが特定されなければ
「腰痛症」と診断されます。

 

 

あとは、腰痛症状の治し方は根気よく自力・・・
になります。
上半身を支えている腰まわりの筋肉にかかる
負担を軽減することが重要課題です。

 

 

数日の対処で改善される場合と
慢性化して繰り返してしまう原因がある場合
とがありますので原因を知ることがとても
大切だと思います。

 

 

突発的に起きてしまった腰痛症状であれば、
治し方としては、まずは安静または冷やし落ち着かせ
少し治まったら、少しずつストレッチ体操
などをして血流促進を繰り返すと回復する可能性
が高いです。

 

 

私は、人が本来持ち合わせている
「自然治癒力」(自己治癒力)で自分にとって
自然で良い状態に回復していこうとする力による
回復が最善だと考えているので自分と向き合い
じっくり取り組むストレッチ体操推奨のひとりです。

 

 

ただし、ここで、なんらかのトラブルがあることに
気がつかずに負荷をかけたり動かしてしまったり無理を
重ねてしまうと、更に悪化してしまう可能性があるから
注意しましょう。

 

 

医療機関などで骨・骨格や頸椎などに歪みや変形が
あることがわかれば、その変形自体は治せなくても
痛みを軽減させる方法や予防する方法を見つけて
いくことになります。

 

 

効果的な腰痛症状別のストレッチ方法

 

腰痛 ストレッチの効果のページへ戻る

 

腰痛症状とコルセットの役割のページへ進む

 

腰痛症状TOPページに戻る
スポンサードリンク