腰痛の時は寝る姿勢にも注意しましょう!腰痛の症状やその原因・解消法などをまとめています。

腰痛の時は寝る姿勢にも注意しましょう!

腰痛の時は寝る姿勢にも注意しましょう!

 

 

腰痛の症状に苦しんでいる方は
寝る時も怖いですよね。

 

カラダを動かすごとに痛みが伴うのが腰痛です。

 

夜十分な睡眠がとれないことは更に
身心ともにストレス状態になってしまいます。

 

少しでも楽な姿勢をみつけて睡眠をとれるように
なれるといいですね。

 

 

腰痛の症状がある時の寝る姿勢

腰痛時の寝る姿勢

@横向きなど楽な姿勢をみつける
A横向きで両膝にクッションを挟むと良い
B仰向けで急に足をな伸ばさない

 

腰痛の症状がある時の寝る姿勢
について、いくつかポイントがあります
ので参考になれば幸いです。

 

 

よく良い姿勢で寝るために、
「仰向けで寝るようにしましょう」ということを
聞いたりすることがありますが、
腰痛の症状がきつい時は、仰向けにもなれないと
思います。

 

 

私がそうでしたから。

 

 

腰の状態によっては、仰向け姿勢がさらに負担になる
こともあります。

 

寝るときは仰向け姿勢にこだわらず、楽になる姿勢を
探します。

 

 

腰痛のため、寝返りがつらい場合は、最初から
横向きの姿勢を作るようにゆっくりと横に
なってみましょう。

 

 

別のページでも述べましたが、横になると
痛みが軽減する姿勢があることが多いです。

 

 

私は、今も就寝時は横向きから寝ています。
もちろん、痛みが和らいでいるときは
寝返りもしていますし、仰向けにもなって
いますが、布団に横になる時は横向きです。

 

 

腰痛では、腰部を安定させる役割を担っている
深部の筋肉が、過度に緊張することで
腰部のカーブや骨盤の角度が変化することが
あります。

 

 

すると、仰向けに寝たときに負担がかかり
痛みがでることもあります。
油断は禁物なのも腰痛の痛いところです。

 

 

 

仰向けで痛みがある場合、バスタオルなどを
ウエストから腰辺りに敷いてみるとよいです。

 

バスタオルなどを二つ折り・三つ折りにするなど
腰の状態にもよるため、自分に合うように調整します。

 

 

横向きで腰痛がやわらぐ場合は、その姿勢で
寝る事ができれば睡眠を確保できます。

 

また、これは接骨院の院長などが教えてくれますが
両膝の間に座布団やクッションを挟むと、腰への
負担が軽減されます。

 

横向きで、ひざにクッションを挟むのがオススメです。

 

 

また、横向きで寝る場合は
「左右どちらが敷布団に接するか!」
腰痛の症状によっても、左右で痛みの症状の出方が
違うことがありますので左右ともに試してみて
楽な方を選びましょう。

 

 

もうひとつ、仰向けで寝ることが多い場合
腰で布団を圧すように力を入れると腹筋が働きます。

 

 

仰向けで寝る際に、不用意に最初から両脚を伸ばして
しまうと、腰痛の症状が悪化することがあります。

 

両膝を立ててから、上半身をゆっくり布団へ下ろします。
そして、両膝を立てたまま腰を敷布団へおしつけて
みましょう。

 

 

ゆっくり5つ位数えたら脱力して、ゆっくり
敷布団へ腰をおしつけてみます。

 

5〜6回ほど繰り返した後に、両脚を伸ばすと、
腰痛の症状が軽減されている場合があります。

 

 

効果は腰の状態により個人差がありますが
急に伸びた状態で腰へ負担をかけないように
しておきましょう。

 

 

痛みが辛い時期は、こうした毎日の動作にも
気をつけて少しでも痛みを軽減していきましょうね。

 

 

腰痛の時に楽な姿勢で寝れる「王様の抱き枕」

 

 

腰痛症状最初に戻る

 

スポンサードリンク