腰痛症状!腰痛の症状とカラダのバランスについて感じていることを記しています。

腰痛症状とカラダのバランス

腰痛症状とカラダのバランス

 

腰痛症状がでるときはカラダのバランスが崩れている。
カラダのバランスといっても色々なバランスがありますよね。

 

私は特に左右のバランスに問題を抱えています。
平衡感覚が元気なときと比べ常に違和感があります。

 

病の後遺症として右半身運動機能障害を残してしまった
ためです。

 

そのため、たとえば閉眼片足でバランスがとりにくい。
病ののちリハビリを開始した当時は2秒も維持できません
でした。
眼を閉じるともうぐらついてしまうのです。

 

リハビリを続け、はや1年9ヶ月になります。
今は調子のよいときは何分もバランスを維持できるように
なりました。

 

しかし、気候の変化!とくに寒暖差・・・
冬の底冷えは顕著ですが夏の乗り物やビルの冷房も
駄目です。
筋肉が硬直しカラダが固まり右半身の動きが極端に
鈍ります。

 

右半身の動きが鈍ると当然歩いたり動いたりするとき
左右のバランスが崩れます。

 

体重がバランスよくかからないのでしょう。
きまって背中がはってきて肩から首のあたりに違和感が
でてしまったら腰痛症状の出番をまつ状態になります。

 

100%とは言わないまでもほぼ腰痛症状にいたります。

 

カラダのバランスは私にとっては腰痛症状の警告でもあります。
そのカラダのバランスの崩れは、疲れからくることもありますが
ほんの不注意の姿勢やひえからくるケースが多いです。

 

腰痛症状を起こさないまたは緩和していくには
やはり「姿勢」と「ひえ」というキーワードには充分気をつけて
おきたいものです。